佐賀大学 人工頭脳医科学シナジー研究所

  • Japanese
  • English

研究業績

招待講演・基調講演・特別講演等 | 著書 | 原著論文 | 国際学会発表論文 | 大学紀要・報告書・総説等
| 学会発表 

招待講演・基調講演・特別講演等

  1. 和久屋 寛:"ICT防災デザインに向けたソフトコンピューティング技術の応用", 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, 2015.07.18
  2. ----------

  3. 八坂敏一:"痛いの痛いの飛んでいけ:ゲートコントロール説の神経回路に重要である脊髄後角神経細胞の解析", 第24回日本病態生理学会大会, 2014.08.08-10

著書

  1. 嬉 正勝:“第1章 動物はどうして動くことができるの?”, pp.10-13,
    研究者が教える動物実験2(尾崎まみこ 他 監修), 共立出版, 2015.07
  2. ----------

  3. 熊本栄一, 藤田亜美:“第3章 ニューロン内のシグナル伝達とシナプス伝達の修飾”, pp.104-145,
    脳とニューロンの生理学 ― 情報伝達・発生・意識(小島比呂志 編著), 丸善出版, 2014
  4. 熊本栄一, 藤田亜美:第5巻“痛み診療キーポイント”, pp.45-46, 文光堂, 2014
  5. A. Hiura, H. Nakagawa, E. Kumamoto, T. Liu, T. Fujita, & C.-Y. Jiang : “Peripheral and central inflammation caused by neurogenic and immune systems and anti-inflammatory drugs”,
    In Frontiers in Clinical Drug Research; Anti Allergy Agents (Ed. Atta-ur-Rahman), Vol. 2, Bentham Science Publishers (in press)
Page Top

原著論文

  1. H. Wakuya, Y. Horinouchi, & H. Itoh : “Development of an application for mobile devices to analyze data set by a Self-Organizing Map: A case study on Saga Prefectural sightseeing information”, International Journal of Contents, 9(3), 15-18, 2013.09
  2. S.-H. Oh & H. Wakuya : “Comparison of objective functions for feed-forward neural network classifiers using receiver operating characteristics graph”, International Journal of Contents, 10(1), 23-28, 2014.03
  3. H. Wakuya, K. Kukihara, H. Itoh, H. Fukumoto, & T. Furukawa : “An application to vocal signal decomposition by a neural network with structural pruning”, ICIC Express Letters --- An International Journal of Research and Surveys, 8(4), 999-1005, 2014.04
  4. ----------

  5. N. Nakashima, Y. Yamashita, R. Hirata, S. Nagamitsu, & T. Matsuishi : “Kana reading disability and Das-Naglieri Cognitive Assessment System findings in children with attention deficit hyperactivity disorder”, Pediatrics International, 54(6), 849-853, 2012.12
  6. ----------

  7. H. Kawasaki, K. Mizuta, T. Fujita, & E. Kumamoto : “Inhibition by menthol and its related chemicals of compound action potentials in frog sciatic nerves”, Life Sciences, 92, 359-367, 2013
  8. D. Tomohiro, K. Mizuta, T. Fujita, Y. Nishikubo, & E. Kumamoto : “Inhibition by capsaicin and its related vanilloids of compound action potentials in frog sciatic nerves”, Life Sciences, 92, 368-378, 2013
  9. A. Matsushita, T. Fujita, K. Mizuta, S. Ohtsubo, C.-Y. Jiang, Y. Uemura, T. Kosugi, & E. Kumamoto : “Effects of traditional Japanese medicine on compound action potentials of frog sciatic nerves”, Pain Research, 28, 9-21, 2013
  10. C.-Y. Jiang, T. Fujita, Q.-T. Luo, Q. Kang, A. Matsushita, S. Ohtsubo, & E. Kumamoto : “Enhancement by oxytocin of spontaneous inhibitory transmission in adult rat spinal superficial dorsal horn neurons”, Peptide Science 2012, 249-252, 2013
  11. A. Matsushita, S. Ohtsubo, T. Fujita, E. Kumamoto : “Inhibition by TRPA1 agonists of compound action potentials in the frog sciatic nerve”, Biochemical and Biophysical Research Communications, 434, 179-184, 2013
  12. T. Liu, C.-Y Jiang, T. Fujita, S.-W. Luo, & E. Kumamoto : “Enhancement by interleukin-1  of AMPA and NMDA receptor-mediated currents in adult rat spinal superficial dorsal horn neurons”, Molecular Pain, 9, 16, 2013
  13. H.-Y. Yue, C.-Y. Jiang, T. Fujita, & E. Kumamoto : “Zingerone enhances glutamatergic spontaneous excitatory transmission by activating TRPA1 but not TRPV1 channels in the adult rat substantia gelatinosa”, Journal of Neurophysiology, 110, 658-671, 2013
  14. S. Ohtsubo, T. Fujita, A. Matsushita, C.-Y. Jiang, & E. Kumamoto : “Inhibitory actions of aroma-oil chemicals on compound action potentials in the frog sciatic nerve”, Pain Research, 29, 17-30, 2014
  15. C.-Y. Jiang, T. Fujita, & E. Kumamoto : “Synaptic modulation and inward current produced by oxytocin in substantia gelatinosa neurons of adult rat spinal cord slices”, Journal of Neurophysiology, 111, 991-1007, 2014
  16. C.-Y. Jiang, T. Fujita, S. Ohtsubo, A. Matsushita, Z.-H. Xu, & E. Kumamoto : “Cellular mechanisms for inward currents produced by oxytocin in adult rat spinal superficial dorsal horn neurons”, Peptide Science 2013, 217-220, 2014
  17. Y. Uemura, T. Fujita, S. Ohtsubo, N. Hirakawa, Y. Sakaguchi,  E. Kumamoto : “Effects of various antiepileptics used to alleviate neuropathic pain on compound action potential in frog sciatic nerves - Comparison with those of local anesthetics”, Biomedical Research International, 2014, 540238, 2014
  18. T. Yasaka, S.Y.X. Tiong, E. Polgár, M. Watanabe, E. Kumamoto, J.S. Riddell, & A.J. Todd : “A putative relay circuit providing low-threshold mechanoreceptive input to lamina I projection neurons via vertical cells in lamina II of the rat dorsal horn”, Molecular Pain, 10, 3, 2014     (doi: 10.1186/1744-8069-10-3)
  19. C.-Y. Jiang, T. Fujita, S. Ohsubo, A. Matsushita, Z.-H. Xu, & E. Kumamoto : “Analysis of inward current produced by oxytocin in adult rat spinal substantia gelatinosa neurons”, Journal of Functional Diagnosis of the Spinal Cord, 35, 16-24, 2014
  20. Q.-T. Luo, T. Fujita, C.-Y. Jiang, S. Ohsubo, Q. Kang, A. Matsushita, Z.-H. Xu, & E. Kumamoto : “Spontaneous excitatory transmission enhancement and outward current produced by carvacrol in rat spinal substantia gelatinosa neurons”, Journal of Functional Diagnosis of the Spinal Cord, 35, 25-35, 2014
  21. N.-X. Xu, C.-Y. Jiang, T. Fujita, S. Ohtsubo, A. Matsushita, Z-H. Xu, & E. Kumamoto : “Spontaneous excitatory transmission enhancement by transient receptor potential channels activated by cineol in the rat spinal substantia gelatinosa”, Journal of Functional Diagnosis of the Spinal Cord, 35, 36-45, 2014
  22. C.-Y. Jiang, T. Fujita, Z.-H. Xu, S. Ohtsubo, A. Matsushita, & E. Kumamoto : “Actions of oxytocin on rat spinal dorsal horn lamina II neurons - cellular mechanisms for antinociception”, Pain Research, 29, 215-231, 2014
  23. Q.-T. Luo, T. Fujita, C.-Y. Jiang, & E. Kumamoto : “Carvacrol presynaptically enhances spontaneous excitatory transmission and produces outward current in adult rat spinal substantia gelatinosa neurons”, Brain Research, 1592, 44-54, 2014
  24. S. Ohtsubo, T. Fujita, M. Miyahara, A. Matsushita, C.-Y. Jiang, Z.-H. Xu, & E. Kumamoto : “Inhibition of frog sciatic nerve compound action potentials by aroma-oil compounds in a manner dependent on their chemical structures”, Pain Research, 30, 16-29, 2015
  25. S. Ohtsubo, T. Fujita, A. Matsushita, & E. Kumamoto : “Inhibition of the compound action potentials of frog sciatic nerves by aroma oil compounds having various chemical structures”, Pharmacology Research & Perspectives, 3(2), e00127, 2015     (doi: 10.1002/prp2.127)
  26. Y. Kawasaki, T. Fujita, K. Yang, & E. Kumamoto : “Anandamide depresses glycinergic and GABAergic inhibitory transmission in adult rat substantia gelatinosa neurons”, Pharmacology & Pharmacy, 6, 103-117, 2015
  27. Q. Kang, C.-Y. Jiang, T. Fujita, & E. Kumamoto : “Spontaneous L-glutamate release enhancement in rat substantia gelatinosa neurons by (-)-carvone and (+)-carvone which activate different types of TRP channel”, Biochemical and Biophysical Research Communications, 459, 498-503, 2015
  28. Z-H. Xu, C.-Y. Jiang, T. Fujita, L. Zhu, C. Wang, & E. Kumamoto : “Action of thymol on spontaneous excitatory transmission in adult rat spinal substantia gelatinosa neurons”, Journal of Functional Diagnosis of the Spinal Cord, in press.
  29. Q. Kang, C.-Y. Jiang, T. Fujita, L. Zhu, & E. Kumamoto : “Spontaneous excitatory transmission enhancement through transient receptor potential channel activation by carvone in the rat spinal substantia gelatinosa”, Journal of Functional Diagnosis of the Spinal Cord (in press)
  30. Z.-H. Xu, C. Wang, T. Fujita, C.-Y. Jiang, & E. Kumamoto : “Action of thymol on spontaneous excitatory transmission in adult rat spinal substantia gelatinosa neurons”, Neuroscience Letters (in press)
  31. ----------

  32. 岡田翔太,相知政司,古川達也,伊藤秀昭,福本尚生:“分布誘電率推定のための静電容量及び複数点電位計測”, 電気学会論文誌基礎・材料・境界部門誌(A部門誌), 133(4), 173-179, 2013
  33. M. Ohchi, S. Konno, H. Sugaya, T. Furukawa, H. Itoh, & H. Fukumoto : “Study on a Measuring Method of Permittivity Distribution of Functionally Graded Material”, International Journal of Energy, Information and Communications, 5(5), 23-38, 2014
  34. H. Itoh, H. Fukumoto, H. Wakuya, & T. Furukawa : “Bottom-Up Learning of Hierarchical Models in a Class of Deterministic POMDP Environments”, International Journal of Applied Mathematics & Computer Science, 25(3), 597-615, 2015
  35. ----------

  36. 山口暢彦:“SOHMMを用いた隠れマルコフモデルの状態可視化”, 日本知能情報ファジィ学会誌, 24(6), 1106-1118, 2012.12
  37. Nobuhiko Yamaguchi : “Constructing Generative Topographic Mapping by Variational Bayes with ARD hierarchical prior”, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII), 17(4), 473-479, 2013.07
  38. 山口暢彦:“潜在変数に依存した長さスケールと分散を用いたGTM”, 日本知能情報ファジィ学会誌, 26(1), 501-509, 2014.02
  39. 山口暢彦:“教師あり学習を用いたGTMによる回帰データの可視化”, 日本知能情報ファジィ学会誌, 27(1), 549-559, 2015.02
Page Top

国際学会発表論文

  1. H. Wakuya, E. Takahama, H. Itoh, H. Fukumoto, & T. Furukawa : “Fragmentization of distance measure for pattern generation by a self-organizing map”, Proceedings of the 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and the 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, November 20-24, Kobe, Japan, W2-46-5, pp.477-482(CD-ROM), 2012.11
  2. H. Wakuya, K. Kukihara, H. Itoh, H. Fukumoto, & T. Furukawa : “An application to vocal signal decomposition by a neural network with structural pruning”, The 8th International Conference on Innovative Computing, Information and Control, September 14-17, Kumamoto, Japan, B6-05, 2013.09
  3. H. Wakuya, Y. Horinouchi, H. Itoh, H. Fukumoto, & T. Furukawa : “An analysis of multi-dimensional data containing emphasized items by self-organizing map: A case study on Saga Prefectural sightseeing information”, Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, November 13-16, Daejeon, Korea, T3b.3, pp.371-380, 2013.11
  4. H. Wakuya, S. Kawahara, & H. Itoh : “A search method for route planning task with multiple goals based on genetic algorithm”, Proceedings of the International Conference on Convergence Content 2014, June 26-29, Jeju, Korea, D-2-3, pp.79-80(CD-ROM), 2014.06
  5. H. Wakuya, S. Matsuoka, H. Itoh, & S.-H. Oh : “A consideration on visualization of temporal signals by feedback SOM”, Proceedings of the Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, December 3-6, Kitakyushu, Japan, TP4-3-7-(5), pp.544-549, 2014.12
  6. S.-H. Oh, Y.-S. Oh, & H. Wakuya : “Artificial neural networks and forecasting disasters”, Proceedings of the 1st International Symposium on ICT-based Disaster Prevention Design, January 23-25, Beppu, Japan, S-1-1, pp.27-28(CD-ROM), 2015.01
  7. H. Wakuya, K. Nakata, H. Itoh, S.-H. Oh, and Y.-S. Oh : “Evacuation route planning for disaster prevention design with multiple Hopfield networks”, Proceedings of the 1st International Symposium on ICT-based Disaster Prevention Design, January 23-25, Beppu, Japan, S-2-4, pp.38-39(CD-ROM), 2015.01
  8. H. Wakuya, K. Nakata, H. Itoh, S.-H. Oh, and Y.-S. Oh : “Search performance for solving combinatorial optimization problems by a Hopfield network with applying iterative partial constraints”, Proceedings of the 4th International Conference on Informatics, Electronics & Vision, June 15-18, Kitakyushu, Japan, T2-1, CD-ROM, 2015.06
  9. ----------

  10. T. Inoue, R. Nakamura, N. Nakashima, T. Sonoda, H. Tanaka, K. Watanabe, Y. Okazaki : “Development of a kanji handwriting learning support system with differentiated instruction to dysgraphia children”, Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education (ICCE2013), pp.466-468, 2013
  11. ----------

  12. C.-Y. Jiang, T. Fujita, S. Ohtsubo, A. Matsushita, Z.-H. Xu, & E. Kumamoto : “Cellular mechanisms for inward currents produced by oxytocin in adult rat spinal superficial dorsal horn neurons”, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium (50th Japanese Peptide Symposium), 2013 November 6-8, Hotel Hankyu Expo Park (Suita-City, Osaka)
    ポスター発表(演題番号:P-059, 2013/11/06)
  13. D.I. Hughes, K.A. Boyle, S.A. Shehab, D.T. Scott, J.S. Riddell, R.J. Callister, B.A. Graham, E. Kumamoto, & T. Yasaka : “Parvalbumin-expressing cells provide presynaptic (axo-axonic) inputs on to        myelinated afferents in the rat spinal dorsal horn”, 43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, San Diego, 2013 November 9-13, San Diego Convention Center (San Diego, CA, USA)
    ポスター発表(演題番号:AAA17, 2013/11/11)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 463.16
  14. Y. Uemura, T. Fujita, S. Ohtsubo, A. Matsushita, C.-Y. Jiang, K. Mizuta, & E. Kumamoto : “Effects of anticonvulsants on compound action potentials in the frog sciatic nerve: comparison with those of local anesthetics”, 43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, San Diego, 2013 November 9-13, San Diego Convention Center (San Diego, CA, USA)
    ポスター発表(演題番号:F17, 2013/11/12)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 615.28
  15. S. Ohtsubo, A. Matsushita, T. Fujita, H. Kawasaki, C.-Y. Jiang, Q.-T. Luo, Q. Kang, S. Masuko, & E. Kumamoto : “Inhibition by various aroma-oil chemicals of compound action potentials in the frog sciatic nerve”, 43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, San Diego, 2013 November 9-13, San Diego Convention Center (San Diego, CA, USA)
    ポスター発表(演題番号:F20, 2013/11/12)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 615.31
  16. T. Yasaka, S.Y.X. Tiong, E. Polgár, T. Fujita, E. Kumamoto, & A.J. Todd : “A subset of lamina II excitatory interneuron relaying low-threshold mechanoreceptive input to lamina I projection neurons in the rat spinal cord”, 43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, San Diego, 2013 November 9-13, San Diego Convention Center (San Diego, CA, USA)
    ポスター発表(演題番号:MM6, 2013/11/13)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 739.08
  17. Q.-T. Luo, T. Fujita, C.-Y. Jiang, Q. Kang, T. Yasaka, S. Ohtsubo, A. Matsushita, & E. Kumamoto : “Effect of carvacrol on glutamatergic spontaneous excitatory transmission in adult rat spinal substantia gelatinosa neurons”, 43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, San Diego, 2013 November 9-13, San Diego Convention Center (San Diego, CA, USA)
    ポスター発表(演題番号:EE10, 2015/11/13)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 827.01
  18. C.-Y. Jiang, T. Fujita, Q.-T. Luo, Q. Kang, S. Ohtsubo, A. Matsushita, & E. Kumamoto : “Modulation by oxytocin of excitatory and inhibitory synaptic transmission in adult rat spinal substantia gelatinosa neurons”, 43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, San Diego, 2013 November 9-13, San Diego Convention Center (San Diego, CA, USA)
    ポスター発表(演題番号:EE11, 2013/11/13)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 827.02
  19. T. Yasaka, D.I. Hughes, S.Y.X. Tiong, E. Polgár, T. Fujita, E. Kumamoto, J.S. Riddell, & A.J. Todd : “Excitatory and inhibitory spinal lamina II interneurons that receive inputs from putative low-threshold mechanoreceptors in adult rats”, The 5th Asian Pain Symposium, Okazaki, 2013 December 18-20, Okazaki Conference Center (Okazaki, Japan)
    ポスター発表(2013/12/18)Abstract p.7
  20. C.-Y. Jiang, T. Fujita, H.-Y. Yue, S. Ohtsubo, A. Matsushita, Z.-H. Xu, & E. Kumamoto : “Vanilloid zingerone enhances spontaneous excitatory transmission by activating TRPA1 but not TRPV1 channels in the adult rat substantia gelatinosa”, The 5th Asian Pain Symposium, Okazaki, 2013 December 18-20, Okazaki Conference Center (Okazaki, Japan)
    ポスター発表(2013/12/18)Abstract p. 8
  21. Q.-T. Luo, T. Fujita, C.-Y. Jiang, Q. Kang, S. Ohtsubo, A. Matsushita, Z.-H. Xu, & E. Kumamoto : “Carvacrol enhances spontaneous excitatory transmission and produces outward current in adult rat superficial dorsal horn neurons”, The 5th Asian Pain Symposium, Okazaki, 2013 December 18-20, Okazaki Conference Center (Okazaki, Japan)
    ポスター発表(2013/12/18)Abstract p. 9
  22. Y. Uemura, N. Hirakawa, A. Ishikawa, T. Fujita, E. Kumamoto, & Y. Sakaguchi : “The inhibitory effects of antiepileptics and local anesthetics on compound action potentials in the frog sciatic nerve: involvement in neuropathic pain alleviation”, 27th Scientific Meeting of the Pain Society of Busan-Ulsan-Kyungnam, 2014 August 30, International Center - DAU Hall of Dong A University / Bumin Campus in Busan, Korea
    ポスター発表(演題番号:P-2014-6)抄録集 p.87
  23. T. Yasaka, T. Sasaguri, Y. Murata, H. Hara, A. Ishikawa, T. Fujita, E. Kumamoto, S. Masuko, N. Hirakawa, & H. Yoshida : “Enhanced pain behavior observed in mice lacking interleukin-27”, 44th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington, 2014 November 15-19, Walter E. Washington Convention Center (Washington, DC, USA)
    ポスター発表(演題番号:AA21, 2014/11/16)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 239.02
  24. C.-Y. Jiang, T. Fujita, N.-X. Xu, S. Ohtsubo, A. Matsushita, & E. Kumamoto : “Enhancements by 1,8- and 1,4-cineole of spontaneous excitatory transmission in adult rat spinal substantia gelatinosa neuron”, 44th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington, 2014 November 15-19, Walter E. Washington Convention Center (Washington, DC, USA)
    ポスター発表(演題番号:FF26, 2014/11/17)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 336.03
  25. C.-Y. Jiang, T. Fujita, N.-X. Xu, S. Ohtsubo, A. Matsushita, & E. Kumamoto : “Enhancements by 1,8- and 1,4-cineole of spontaneous excitatory transmission in adult rat spinal substantia gelatinosa neurons”, 44th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington, 2014 November 15-19, Walter E. Washington Convention Center (Washington, DC, USA)
    ポスター発表(演題番号:FF26, 2014/11/17)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 336.03
  26. S. Ohtsubo, T. Fujita, A. Matsushita, C.-Y. Jiang, & E. Kumamoto : “Compound action potential inhibition produced by aroma-oil compounds without TRP activation in the frog sciatic nerve”, 44th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington, 2014 November 15-19, Walter E. Washington Convention Center (Washington, DC, USA)
    ポスター発表(演題番号:C57, 2014/11/18)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 597.15
  27. A. Matsushita, T. Fujita, S. Ohtsubo, C.-Y. Jiang, & E. Kumamoto : “Frog sciatic nerve compound action potential inhibitions by crude medicines contained in daikenchuto and interaction between the inhibitions”, 44th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington, 2014 November 15-19, Walter E. Washington Convention Center (Washington, DC, USA)
    ポスター発表(演題番号:C58, 2014/11/18)Abstract Viewer and Itinerary Planner. Program No. 597.16
  28. C.-Y. Jiang, T. Fujita, L. Zhu, C. Wang, & E. Kumamoto : “Synaptic modulation by oxytocin in adult rat superficial dorsal horn neurons”, The 12th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences, Yongin, 2015 January 22-25, Kyung Hee University (Yongin, Republic of Korea)
    Oral presentation(演題番号:S-02, 2015/01/22)Abstract 18.
  29. E. Kumamoto, T. Fujita, C.-Y. Jiang, L. Zhu, & C. Wang : “TRP activation by plant-derived chemicals in the adult rat superficial dorsal horn”, The 12th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences, Yongin, 2015 January 22-25, Kyung Hee University (Yongin, Republic of Korea)
    Oral presentation(演題番号:S-15, 2015/01/23)Abstract 45.
  30. ----------

  31. Y. Tsuru, H. Itoh, H. Fukumoto, H. Wakuya, & T. Furukawa : “Developing a Robot That Performs Multiple Tasks of a Developmental Test Using OpenRTM-Aist and Reinforcement Learning”, Proceedings of The SICE Annual Conference 2013, pp.1062-1066, 2013
  32. S. Morishita, H. Itoh, H. Fukumoto, H. Wakuya, & T. Furukawa : “Developing a 3D Object Recognition System Using Kinfu”, Proceedings of The SICE Annual Conference 2013, pp.2495-2497, 2013
  33. T. Kadoya, H. Itoh, H. Fukumoto, H. Wakuya, & T. Furukawa : “Movement Imitation in a Humanoid Robot with Approximate Inference Control”, Proceedings of the 19th International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp.260-263, 2014
  34. Y. Sakai, T. Kadoya, H. Itoh, H. Fukumoto, H. Wakuya, & T. Furukawa : “An Improved Resizing Method for Accurate Movement Imitation in a Humanoid Robot”, Proceedings of the 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp.168-171, 2015
  35. ----------

  36. N. Yamaguchi : “Variational Bayesian Inference with Automatic Relevance Determination for Generative Topographic Mapping”, The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and the 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS2012), pp.2124-2129, Kobe, Japan, Nov. 20-24, 2012
  37. N. Yamaguchi : “GTM with Latent Variable Dependent Length-Scale and Variance”, International Automatic Control Conference (CACS 2013), pp.532-538, Nantou, Taiwan, Dec. 2-4, 2013
  38. N. Yamaguchi : “Visualizing Regression data by Supervised Generative Topographic Mapping”, The 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS2014), pp.1120-1125, Kitakyushu, Japan, Dec. 3-6, 2014
Page Top

大学紀要・報告書・総説等

  1. 和久屋 寛, 井上太一, 伊藤秀昭, 福本尚生, 古川達也:“仮想磁場漸弱法の組み合わせ最適化問題への適用 ~分業を自律的に決定する仕組みの構築を目指して~”, 電子情報通信学会技術研究報告(ニューロコンピューティング研究会), NC2012-48, 2012.10
  2. 久木原健介, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“ニューラルネットワークを用いた独立成分分析による音声信号分離 ~未学習信号への適用評価~”, 電気学会計測研究会資料, IM-13-47, 2013.11
  3. ----------

  4. 久富夏実,池田行伸:“児童・生徒が抱えるストレスとその対処法に関する研究”, 子どもの発達と支援研究, 第4号(佐賀大学文化教育学部), 2013.03
  5. 田中利子,池田行伸,久野建夫:“自閉症児の睡眠についての研究”, 佐賀大学文化教育学部研究論文集, 18, 2013.08
  6. ----------

  7. 嬉 正勝:“ムツゴロウを用いた解剖実験”, 佐賀自然史研究, 第17号, pp.63-68, 2012
  8. ----------

  9. 井上朋美, 中村理美, 中島範子, 園田貴章, 田中久治, 渡辺健次, 岡崎泰久:“書字困難児を対象とした漢字手書き学習支援システムの開発と小学校での実践”, 電子情報通信学会技術研究報告, 113(229), pp.55-60, 2013
  10. ----------

  11. E. Kumamoto, T. Fujita, C,-Y. Jiang : “TRP channels involved in spontaneous L-glutamate release enhancement in the adult rat spinal substantia gelatinosa”, Cells 3, 331-362, 2014
  12. 熊本栄一, 藤田亜美, 蒋昌宇, 徐志昊, 大坪瀬奈, 松下晋大:“TRPチャネルとシナプス活動”, 日本生理学会誌, 76, 132, 2014 (WEB版)
  13. ----------

  14. 津留祐樹,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛:“帰納論理プログラミングを用いた複数の発達検査タスクのモデル学習”,電子情報通信学会技術研究報告, NC2014, 63, pp.33-37, 2015.01
  15. ----------

  16. 山口暢彦:“非定常ガウス過程を用いたGTMにおけるベイズ法”, 電子情報通信学会技術研究報告, NC2012-168, pp.197-201, 2013.03
  17. 山口暢彦:“教師あり学習を用いたGTMによるデータの可視化”, 電子情報通信学会技術研究報告, NC2013-97, pp.53-58, 2014.03
  18. ----------

  19. H. Koga : “The non-vocalizing alveolar tap /r/”, 佐賀大学全学教育機構紀要, 3号, pp.1-13, 2015
Page Top

学会発表

  1. 久木原健介, 和久屋 寛, 伊藤秀昭, 福本尚生:“構造刈り込み学習を適用したニューラルネットワークによる音声信号分離に向けて”, 第17回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会予稿集, 6, pp.23-28, 2012.12
  2. 仲田紘平, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“分割されたホップフィールドネットワークを用いた組み合わせ最適化問題の解探索”, 第3回日本知能情報ファジィ学会九州支部学生部会研究発表会予稿集, A104, pp.7-8, 2013.03
  3. 和久屋 寛, 久木原健介, 伊藤秀昭, 福本尚生, 古川達也:“構造刈り込み学習を用いた音声信号分離の試み”, 第23回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, 2A-2, pp.26-29, 2013.03
  4. 和久屋 寛, 堀之内 祐, 伊藤秀昭, 福本尚生, 古川達也:“特定項目を強調して学習する自己組織マップとその応用 ~佐賀県観光情報の解析を目指して~”, 第14回自己組織化マップ研究会2013講演論文集, SOM2013-09, pp.9-1 - 9-6, 2013.03
  5. H. Wakuya, Y. Horinouchi, & H. Itoh : “A trial of developing an application for mobile devices to analyze Saga Prefectural sightseeing information”, Proceedings of the 2013 Korea Contents Association Spring Academic Conference, X-12, pp.253-254, 2013.05
  6. 川原沙祐里, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“遺伝的アルゴリズムによる避難経路探索の試み”, 第21回電子情報通信学会九州支部学生会講演会講演論文集, D-30, CD-ROM, 2013.09
  7. 岩永 天, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“Android 携帯端末を用いた自己組織化マップによる情報提供の試み”, 第21回電子情報通信学会九州支部学生会講演会講演論文集, D-37, CD-ROM, 2013.09
  8. 井上太一, 和久屋 寛, 伊藤秀昭, 福本尚生, 古川達也:“分業巡回セールスマン問題における効率的な分担の試み”, 平成25年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 08-2P-05, pp.573-574, 2013.09
  9. 久木原健介, 和久屋 寛, 伊藤秀昭, 福本尚生, 古川達也:“階層型ニューラルネットワークを用いた独立成分分析による信号分離と未学習音声への適応評価”, 産業応用工学会全国大会2013講演論文集, S3-01, pp.18-19, 2013.09
  10. 高濱英士, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“動画作成を行なうための自己組織化マップにおける中間パターン生成の試み”, 日本知能情報ファジィ学会2013年度ECOmp研究会講演論文集, 1, pp.1-4, 2014.03
  11. 仲田紘平, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“部分的な制約条件の繰り返し適用による組み合わせ最適化問題の求解能力改善”, 第24回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, A3-3, pp.31-34, 2014.03
  12. 井上太一, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“ホップフィールドネットワークを用いた効率的な巡回経路分担の検討”, 第24回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, A3-4, pp.69-72, 2014.03
  13. 松岡祥平, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“フィードバックSOMの競合層における内部情報表現の解析”, 第15回自己組織化マップ研究会2014講演論文集, SOM2014-03, pp.3-1 - 3-6, 2014.03
  14. 久木原健介, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“独立成分分析を実現するニューラルネットワークによる未学習信号分離”, 第15回自己組織化マップ研究会2014講演論文集, SOM2014-06, pp.6-1 - 6-6, 2014.03
  15. 松岡祥平, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“フィードバックSOMの内部情報表現の可視化の試み”, 日本知能情報ファジィ学会九州支部春季ワークショップ2014概要集, 06, p.8, 2014.06
  16. 松岡祥平, 岩永 天, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“トーラス型自己組織化マップを表示するための携帯情報端末の操作環境の構築”, 産業応用工学会全国大会2014講演論文集, S4-2, pp.40-41, 2014.09
  17. 毛利貴彦, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“自己組織化マップを用いた災害に対する家屋の耐性診断の試み”, 第16回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会 ・ 第19回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会 合同支部大会予稿集, A303, pp.29-32, 2015.03
  18. 仲田紘平, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“道路網上のボトルネックで分割したホップフィールドネットワークによる効率的な経路探索”, 第25回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, WB1-1, CD-ROM, 2015.03
  19. 久木原健介, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“階層型ニューラルネットワークによる音声信号分離 ~分離行列の多様性~”, 第25回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, WB1-2, CD-ROM, 2015.03
  20. 松岡祥平, 岩永 天, 和久屋 寛, 伊藤秀昭:“トーラス型SOMをモバイル端末上で表示するグラフィカルインターフェースの開発”, 第16回自己組織化マップ研究会2015講演論文集, SOM2015-02, pp.2-1 - 2-6, 2015.03
  21. H. Wakuya, Y. Mouri, H. Itoh, N. Mishima, S.-H. Oh, & Y.-S. Oh : “A trial of disaster risk diagnosis based on residential house structure by a self-organizing map”, Proceedings of the 2015 Korea Contents Association Spring Academic Conference, SS-1, pp.3-4, 2015.05
  22. 和久屋 寛, 毛利貴彦, 伊藤秀昭:“自己組織化マップを活用した伝統的家屋の災害リスク診断”, 第31回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, TC3-4, pp.496-501, 2015.09
  23. ----------

  24. 田中利子, 池田行伸:“自閉症児の身体的側面について”, 九州心理学会第74回大会, 2013.11.16
  25. ----------

  26. 嬉 正勝, 早川洋一:“フタホシコオロギ雄の性的不応期におけるTAGの5-HT量変化”, 第84回日本動物学会全国大会, 2013.09(岡山大学, 岡山市)
  27. 嬉 正勝, 坂口知美:“成長の著しく遅いコオロギは長寿命である”, 日本動物学会第68回九州支部大会, 2015.05(福岡大学, 福岡市)
  28. ----------

  29. 大坪瀬奈, 藤田亜美, 松下晋大, 川崎弘貴, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 熊本栄一:“アロマ精油成分は蛙坐骨神経の複合活動電位を抑制する”, 日本生理学会第90回大会, タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2013.03.27-29
    ポスター発表(演題番号:2PK-071, 2013/03/28)
  30. 松下晋大, 藤田亜美, 大坪瀬奈, 上村裕平, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 熊本栄一:“大建中湯による蛙坐骨神経の複合活動電位の抑制”, 日本生理学会第90回大会, タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2013.03.27-29
    ポスター発表(演題番号:2PK-073, 2013/03/28)
  31. 藤田亜美, 徐 年香, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 八坂敏一, 松下晋大, 大坪瀬奈, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンの自発性興奮性シナプス伝達に及ぼす1,8-および1,4-シネオールの作用”, 日本生理学会第90回大会, タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2013.03.27-29
    ポスター発表(演題番号:2PK-107, 2013/03/28)
  32. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 徐 年香, 羅 清甜, 康 欽, 松下晋大, 大坪瀬奈, 熊本栄一:“オキシトシンは成熟ラットの脊髄膠様質ニューロンの興奮性シナプス伝達に影響せずに抑制性シナプス伝達を促進する”, 日本生理学会第90回大会, タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2013.03.27-29
    ポスター発表(演題番号:2PK-109, 2013/03/28)
  33. 上村裕平, 藤田亜美, 大坪瀬奈, 松下晋大, 蒋 昌宇, 熊本栄一:“各種抗てんかん薬が殿様蛙坐骨神経の複合活動電位に及ぼす作用の比較”, 日本生理学会第90回大会, タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2013.03.27-29
    ポスター発表(演題番号:3PK-040, 2013/03/29)
  34. 上村裕平, 香月亮, 平川奈緒美, 藤田亜美, 熊本栄一, 坂口嘉郎:“殿様蛙坐骨神経の複合活動電位に及ぼす抗てんかん薬と局所麻酔薬の作用の比較”, 日本麻酔科学会第60回学術集会, ロイトン札幌, ホテルさっぽろ芸文館, 札幌市教育文化会館, 札幌プリンスホテル(北海道札幌市), 2013.05.23-25
    ポスター発表(番号:PD1-01-5, 2013/05/23)
  35. 熊本栄一, 藤田亜美, 羅 清甜, 蒋 昌宇, 大坪瀬奈, 康 欽, 松下晋大:“活動電位の伝導抑制効果を持つ植物成分によるラット脊髄膠様質のTRPA1活性化”, 生理学研究所研究会「第9回TRPチャネル研究会 TRPチャネル研究を通じて見えてきた新たな生理学への光」, 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市), 2013.06.13-14
    口頭発表(演題番号:セッション 1, 2013/06/13)プログラム・抄録集p.10
  36. 大坪瀬奈, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 松下晋大, 熊本栄一:“アロマ精油成分は化学構造特異的に蛙坐骨神経の複合活動電位を抑制する”, 日本神経科学大会第36回大会, 国立京都国際会館(京都府京都市), 2013.06.20-23
    ポスター発表(番号:P1-1-5, 2013/06/20)第36回日本神経科学大会プログラムp.167
  37. 松下晋大, 大坪瀬奈, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 熊本栄一:“大建中湯の生薬成分が蛙坐骨神経の複合活動電位に及ぼす作用”, 日本神経科学大会第36回大会, 国立京都国際会館(京都府京都市), 2013.06.20-23
    ポスター発表(番号:P1-1-12, 2013/06/20)第36回日本神経科学大会プログラムp.168
  38. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 羅 清甜, 康 欽, 大坪瀬奈, 松下晋大, 熊本栄一:“成熟ラットの脊髄後角におけるオキシトシンの鎮痛作用機序”, 日本神経科学大会第36回大会, 国立京都国際会館(京都府京都市), 2013.06.20-23
    ポスター発表(番号P1-2-68, 2013/06/20)第36回日本神経科学大会プログラムp.211
  39. 藤田亜美, 徐 年香, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 八坂敏一, 大坪瀬奈, 松下晋大, 熊本栄一:“1,8-および1,4-シネオールは成熟ラット脊髄膠様質ニューロンのグルタミン酸作動性の自発性興奮性シナプス伝達を促進する”, 日本神経科学大会第36回大会, 国立京都国際会館(京都府京都市), 2013.06.20-23
    ポスター発表(番号:P1-2-70, 2013/06/20)第36回日本神経科学大会プログラムp.212
  40. 八坂敏一, David I Hughes, John S Riddell, 藤田亜美, 熊本栄一, Andrew J Todd:“ラット脊髄後角で低閾値機械受容線維とコンタクトしている興奮性及び抑制性II層インターニューロン群”, 日本神経科学大会第36回大会, 国立京都国際会館(京都府京都市), 2013.06.20-23
    ポスター発表(番号:P3-2-35, 2013/06/22)第36回日本神経科学大会プログラムp.350
  41. 八坂敏一, Sheena Y.X. Tiong, David I Hughes, John S Riddell, 藤田亜美, 熊本栄一, Andrew J Todd:“ラット脊髄膠様質細胞の分類と痛覚伝達に関わる後角内局所神経回路における役割”, 第35回日本疼痛学会, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市), 2013.07.12-13
    口頭発表(演題番号:A3-4, 2013/07/12)
  42. 羅 清甜, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 康 欽, 大坪瀬奈, 松下晋大, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンの自発性のグルタミン酸作動性興奮性シナプス伝達に及ぼすカルバクロール作用”, 第35回日本疼痛学会, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市), 2013.07.12-13
    口頭発表(演題番号A3-6, 2013/07/12)
  43. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 羅 清甜, 康 欽, 大坪瀬奈, 松下晋大, 熊本栄一:“成熟ラットの脊髄後角におけるオキシトシンによる鎮痛作用の細胞レベル機序”, 第35回日本疼痛学会, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市), 2013.07.12-13
    口頭発表(演題番号:A3-7, 2013/07/12)
  44. 大坪瀬奈, 藤田亜美, 松下晋大, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 熊本栄一:“アロマ精油成分による蛙坐骨神経の複合活動電位抑制の構造活性連関”, 第35回日本疼痛学会, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市), 2013.07.12-13
    口頭発表(演題番号:A6-1, 2013/07/13)
  45. 大坪瀬奈, 松下晋大, 藤田亜美, 上村裕平, 蒋 昌宇, 羅 清甜, 康 欽, 徐 志昊, 熊本栄一:“TRPA1作動薬を含む多くの植物由来成分による蛙坐骨神経の伝導抑制作用”, 第64回西日本生理学会, 産業医科大学ラマツィーニホール(福岡県北九州市), 2013.10.18-19
    口頭発表(演題番号:奨励07, 2013/10/18)
  46. 羅 清甜, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 大坪瀬奈, 康 欽, 松下晋大, 徐 志昊, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンの膜興奮性に及ぼすカルバクロールの作用”, 第64回西日本生理学会, 産業医科大学ラマツィーニホール(福岡県北九州市), 2013.10.18-19
    口頭発表(演題番号:一般04, 2013/10/18)
  47. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 大坪瀬奈, 羅 清甜, 康 欽, 徐 志昊, 松下晋大, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンのオキシトシンによる膜脱分極の細胞レベル機序”, 第64回西日本生理学会, 産業医科大学ラマツィーニホール(福岡県北九州市), 2013.10.18-19
    口頭発表(演題番号:一般05, 2013/10/18)
  48. 八坂敏一, Kieran Boyle, 藤田亜美, 熊本栄一, David I Hughes:“脊髄後角において低閾値機械受容線維終末をシナプス前抑制する膠様質ニューロンの同定”, 第64回西日本生理学会, 産業医科大学ラマツィーニホール(福岡県北九州市), 2013.10.18-19
    口頭発表(演題番号:一般10, 2013/10/18)
  49. 上村裕平, 藤田亜美, 大坪瀬奈, 松下晋大, 熊本栄一:“蛙坐骨神経の複合活動電位に及ぼす抗てんかん薬の作用”, 第64回西日本生理学会, 産業医科大学ラマツィーニホール(福岡県北九州市), 2013.10.18-19
    口頭発表(演題番号:一般17, 2013/10/19)
  50. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 大坪瀬奈, 松下晋大, 徐 志昊, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンのオキシトシンによる膜脱分極の解析”, 第35回脊髄機能診断研究会(東京都), 2014.02.01
    第35回脊髄機能診断研究会プログラム・抄録p.15
  51. 羅 清甜, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 大坪瀬奈, 康 欽, 松下晋大, 徐 志昊, 熊本栄一:“カルバクロールによるラット脊髄膠様質ニューロンの自発性興奮性シナプス伝達促進と膜過分極”, 第35回脊髄機能診断研究会(東京都), 2014.02.01
    第35回脊髄機能診断研究会プログラム・抄録p.15
  52. 徐 年香, 蒋 昌宇, 藤田亜美, 大坪瀬奈, 松下晋大, 徐 志昊, 熊本栄一:“シネオールによるTRP活性化を介したラット脊髄膠様質の自発性グルタミン酸放出の促進”, 第35回脊髄機能診断研究会(東京都), 2014.02.01
    第35回脊髄機能診断研究会プログラム・抄録p.16
  53. 藤田亜美, 羅 清甜, 蒋 昌宇, 康 欽, 大坪瀬奈, 松下晋大, 熊本栄一:“ラット脊髄膠様質ニューロンにおいてカルバクロールにより誘起される自発性興奮性シナプス伝達の促進と外向き膜電流”, 日本生理学会第91回大会, 鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島県鹿児島市), 2014.03.16-18
    ポスター発表(演題番号:1P-116, 2014/03/16)
  54. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 大坪瀬奈, 松下晋大, 徐 志昊, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンにおけるオキシトシン誘起内向き膜電流の発生機序”, 日本生理学会第91回大会, 鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島県鹿児島市), 2014.03.16-18
    ポスター発表(演題番号:1P-117, 2014/03/16)
  55. 大坪瀬奈, 松下晋大, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 徐 志昊, 熊本栄一:“TRP活性化など様々な効果を持つアロマ精油成分による蛙坐骨神経の複合活動電位抑制”, 日本生理学会第91回大会, 鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島県鹿児島市), 2014.03.16-18
    ポスター発表(演題番号:2P-012, 2014/03/17)
  56. 松下晋大, 大坪瀬奈, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 徐 志昊, 熊本栄一:“蛙坐骨神経の複合活動電位抑制における大建中湯の生薬成分間の相互作用”, 日本生理学会第91回大会, 鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島県鹿児島市), 2014.03.16-18
    ポスター発表(演題番号:2P-013, 2014/03/17)
  57. 熊本栄一, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 徐 志昊, 大坪瀬奈, 松下晋大:“TRPチャネルとシナプス活動”, 日本生理学会第91回大会, 鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島県鹿児島市), 2014.03.16-18
    ポスター発表(演題番号:3S54C-1, 2014/03/18)
  58. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 徐 志昊, 大坪瀬奈 松下晋大, 熊本栄一:“ラット脊髄後角第II層ニューロンのオキシトシン誘起内向き膜電流の細胞内機序”, 第36回日本疼痛学会, KKRホテル大阪(大阪府大阪市), 2014.06.20-21
    口頭発表(演題番号:B1-1, 2014/06/20)
  59. 八坂敏一, 篠栗智子, 村田祐造, 原博満, 石川亜佐子, 藤田亜美, 熊本栄一, 増子貞彦, 平川奈緒実, 吉田裕樹:“インターロイキン-27ノックアウトマウスの疼痛行動解析”, 第36回日本疼痛学会, KKRホテル大阪(大阪府大阪市), 2014.06.20-21
    口頭発表(演題番号:B7-5, 2014/06/21)
  60. 大坪瀬奈, 藤田亜美, 松下晋大, 蒋 昌宇, 徐 志昊, 熊本栄一:“アロマ精油成分による化学構造に依存した蛙坐骨神経の複合活動電位抑制”, 第36回日本疼痛学会, KKRホテル大阪(大阪府大阪市), 2014.06.20-21
    口頭発表(演題番号:B9-2, 2014/06/21)
  61. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 朱 蘭, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄後角浅層ニューロンのシナプス伝達に及ぼすオキシトシンの作用:鎮痛作用機序”, 第24回日本病態生理学会, 北九州国際会議場(福岡県北九州市), 2014.08.08-10
    口頭発表(演題番号:一般04, 2014/08/09)
  62. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 岳 海源, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンにおけるジンゲロン誘起TRPA1チャネルの活性化”, 日本神経科学大会第37回大会, パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2014.09.11-13
    ポスター発表(番号:P1-047, 2014/09/11)第37回日本神経科学大会プログラムp.106, 370
  63. 八坂敏一, 笹栗智子, 村田祐造, 原博満, 石川亜佐子, 藤田亜美, 熊本栄一, 増子貞彦, 平川奈緒美, 吉田裕樹:“インターロイキン-27ノックアウトマウスに見られる疼痛行動の変化”, 日本神経科学大会第37回大会, パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2014.09.11-13
    ポスター発表(番号:P1-185, 2014/09/11)第37回日本神経科学大会プログラムp.117, 379
  64. 藤田亜美, 松下晋大, 大坪瀬奈, 蒋 昌宇, 熊本栄一:“蛙坐骨神経の複合活動電位の漢方薬による抑制 - 生薬間の相互作用”, 日本神経科学大会第37回大会, パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2014.09.11-13
    ポスター発表(番号:P3-052, 2014/09/13)第37回日本神経科学大会プログラムp.174, 428
  65. 大坪瀬奈, 藤田亜美, 松下晋大, 蒋 昌宇, 熊本栄一:“アロマ精油成分による蛙坐骨神経の複合活動電位抑制とそれらの化学構造”, 日本神経科学大会第37回大会, パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2014.09.11-13
    ポスター発表(番号:P3-053, 2014/09/13)第37回日本神経科学大会プログラムp.174, 428
  66. 蒋 昌宇, 徐 年香, 藤田亜美, 朱 蘭, 熊本栄一:“1,8-シネオールと1,4-シネオールによる成熟ラット脊髄膠様質におけるTRPチャネルの活性化”, 第65回西日本生理学会, 琉球大学研究者交流施設50周年記念館(沖縄県中頭郡西原町), 2014.10.23- 24
    口頭発表(演題番号:奨励02, 2014/10/23)
  67. 徐 志昊, 蒋 昌宇, 藤田亜美, 朱 蘭, 熊本栄一:“チモールはTRPA1活性化により成熟ラット脊髄膠様質ニューロンの自発性の興奮性シナプス伝達を促進する”, 第65回西日本生理学会, 琉球大学研究者交流施設50周年記念館(沖縄県中頭郡西原町), 2014.10.23- 24
    口頭発表(演題番号:一般03, 2014/10/23)
  68. 大坪瀬奈, 藤田亜美, 宮原萌, 松下晋大, 蒋 昌宇, 朱 蘭, 熊本栄一:“アロマ精油成分の神経伝導抑制作用の構造活性連関”, 第65回西日本生理学会, 琉球大学研究者交流施設50周年記念館(沖縄県中頭郡西原町), 2014.10.23- 24
    口頭発表(演題番号:一般07, 2014/10/23)
  69. 八坂敏一, Tiong SYX, Polgár E, Boyle K, 園畑素樹, 藤田亜美, 熊本栄一, Hughes DI, Todd AJ:“脊髄後角において触覚入力を受け痛覚伝達経路へ出力する興奮性インターニューロンと触覚終末をシナプス前抑制するインターニューロンの同定”, 第7回日本運動器疼痛学会(山口県宇部市), 2014.10.25-26
    日本運動器疼痛学会誌 6: S58
  70. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 朱 蘭, 熊本栄一:“成熟ラットの脊髄後角第II層ニューロンの興奮性および抑制性のシナプス伝達に及ぼすオキシトシンの作用”, 生理学研究所研究会「シナプス・神経ネットワークの機能ダイナミクス」, 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市), 2014.12.02-03
    口頭発表(演題番号:なし, 2014/12/2)抄録集
  71. 八坂敏一, K. Boyle, S.A. Shehab, D.T. Scott, J.S. Riddell, 藤田亜美, 熊本栄一, R.J. Callister, B.A. Graham, D.I. Hughes:“パルブアルブミンニューロンによる低閾値機械受容線維終末の制御”, 生理学研究所研究会「痛みと痛覚情動連関の神経機構」, 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市), 2014.12.10-11
  72. 徐 志昊、蒋 昌宇、藤田亜美、朱 蘭、王 翀、熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンの自発性興奮性シナプス伝達に及ぼすチモールの作用”, 第36回脊髄機能診断研究会(東京都), 2015.02.07
    第36回脊髄機能診断研究会プログラム・抄録p.14
  73. 康 欽, 蒋 昌宇, 藤田亜美, 朱 蘭, 熊本栄一:“カルボンによるTRPチャネル活性化を介したラット脊髄膠様質ニューロンの自発性興奮性シナプス伝達の促進”, 第36回脊髄機能診断研究会(東京都), 2015.02.07
    第36回脊髄機能診断研究会プログラム・抄録p.15
  74. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 徐 年香, 朱 蘭, 熊本栄一:“1,8-と1,4-シネオールは互いに異なった仕方でシナプス前性に成熟ラット脊髄後角浅層ニューロンの自発性興奮性シナプス伝達を促進する”, 日本生理学会第92回大会, 神戸国際会議場・展示場(兵庫県神戸市), 2015.03.21-23
    ポスター発表(演題番号:P1-105, 2015/03/21)
  75. 藤田亜美, 徐 志昊, 蒋 昌宇, 朱 蘭, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンにおけるグルタミン酸作動性の自発性興奮性シナプス伝達に及ぼすチモールの作用”, 日本生理学会第92回大会, 神戸国際会議場・展示場(兵庫県神戸市), 2015.03.21-23
    ポスター発表(演題番号:P1-106, 2015/03/21)
  76. 八坂敏一, Kieran A. Boyle, Safa A. Shehab, Dugald T. Scott, John S. Riddell, 藤田亜美, 熊本栄一, Robert J. Callister, Brett A. Graham, David I. Hughes:“げっ歯類パルブアルブミン発現脊髄後角II層介在ニューロンは有髄低閾値機械受容器終末への抑制性シナプス前入力のオリジンである”, 日本生理学会第92回大会, 神戸国際会議場・展示場(兵庫県神戸市), 2015.03.21-23
    ポスター発表(演題番号:P3-183, 2015/03/23)
  77. 徐 志昊, 藤田亜美, 蒋 昌宇, 朱 蘭, 王 翀, 熊本栄一:“チモールは成熟ラット脊髄膠様質ニューロンにおいて神経終末からのグルタミン酸の自発放出の増加と外向き膜電流を誘起する”, 第37回日本疼痛学会, 市民会館崇城大学ホール(熊本県熊本市), 2015.07.03-04
    口頭発表(演題番号:A5-2, 2015/07/04)
  78. 康 欽, 蒋 昌宇, 藤田亜美, 朱 蘭, 王 翀, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄膠様質ニューロンの自発性のグルタミン酸作動性興奮性シナプス伝達に及ぼす(-)-カルボンと(+)-カルボンの作用”, 第37回日本疼痛学会, 市民会館崇城大学ホール(熊本県熊本市), 2015.07.03-04
    口頭発表(演題番号:A5-4, 2015/07/04)
  79. 八坂敏一, Kieran Boyle, Safa Shehab, Dugald Scott, John Riddell, 藤田亜美, 熊本栄一, Robert Callister, Brett Graham, David Hughes:“ラット脊髄後角において有髄線維終末をシナプス前抑制する細胞の同定”, 第37回日本疼痛学会, 市民会館崇城大学ホール(熊本県熊本市), 2015.07.03-04
    口頭発表(演題番号:A5-6, 2015/07/4)
  80. 蒋 昌宇, 藤田亜美, 徐 年香, 朱 蘭, 王 翀, 熊本栄一:“1,8-シネオールと1,4-シネオールは、それぞれTRPA1とTRPV1の活性化により成熟ラット脊髄後角膠様質ニューロンの自発性興奮シナプス伝達を促進する”, 日本神経科学大会第38回大会, 神戸コンベンションセンター(ポートアイランド;兵庫県神戸市), 2015.07.28-31
    ポスター発表(番号:1P073, 2015/07/28)第38回日本神経科学大会プログラムp.154
  81. 八坂敏一, K.A. Boyle, S.A. Shehab, D.T. Scott, J.S. Riddell, 藤田亜美, 熊本栄一, R.J. Callister, B.A. Graham, D.I. Hugh:“Inputs from myelinated afferents are presynaptically inhibited by parvalbumin-expressing interneurons in the rodent spinal dorsal horn”, 日本神経科学大会第38回大会, 神戸コンベンションセンター(ポートアイランド;兵庫県神戸市), 2015.07.28-31
    ポスター発表(番号:2P217, 2015/07/29)第38回日本神経科学大会プログラムp.204
  82. 藤田亜美 蒋 昌宇, 康 欽, 朱 蘭, 王 翀, 熊本栄一:“成熟ラット脊髄後角膠様質ニューロンにおける自発性興奮シナプス伝達のカルボンによる促進”, 日本神経科学大会第38回大会, 神戸コンベンションセンター(ポートアイランド;兵庫県神戸市), 2015.07.28-31
    ポスター発表(番号:3P112, 2015/07/30)第38回日本神経科学大会プログラムp.232
  83. ----------

  84. 八坂敏一, DI Hughes, JS Riddell, 藤田亜美, 熊本栄一, 吉村 恵, AJ Todd:“脊髄後角膠様質介在ニューロンの構造と機能および侵害受容情報処理回路における役割”, 第90回日本生理学会大会, 2013.03.27-29(シンポジウム)
  85. ----------

  86. 門屋 徹,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“動力学シミュレータを用いた見まねロボットシステム”, IEEE主催2012年度第2回学生研究発表会予稿集, p. 11, 2012
  87. 城戸將徳,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“発達尺度を利用したヒトレベル人工知能の段階的実現:指差し行動タスクの達成へ向けて”, IEEE主催2012年度第2回学生研究発表会予稿集, p. 29, 2012
  88. 中畑敦夫,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“WebGLを用いた自然言語による3次元コンピュータグラフィックス作成システムの開発”, 映像情報メディア学会2012年冬季大会講演予稿集, CD-ROM, 1 page, 2012
  89. 津留祐樹,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“汎化能力を持つ強化学習を用いた多機能ロボットの開発”, 第24回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, 67-68, 2014.03
  90. 森下峻輔,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“Kinfuを用いた3次元物体認識システムの開発”, 第24回ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, 91-92, 2014.03
  91. 堺 義隆,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“ROSを用いた移動型機能ロボットの作成に向けて”, 第22回電子情報通信学会九州支部学生会講演会講演論文集, CD-ROM, 1 page, 2014.09
  92. 中島麻貴,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“ROSを用いた物体運動のシミュレーション”, 第22回電子情報通信学会九州支部学生会講演会講演論文集, CD-ROM, 1 page, 2014.09
  93. 森下峻輔,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“ROSとRaspberry Piを用いた分散型3次元物体認識システムの開発”, 平成26年度電気関係学会九州支部連合大会(第67回連合大会)講演論文集(CD-R), 10-2A-03, 1 page, 2014.09
  94. 城戸豊明,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“Kinfuを用いた3次元物体把持システムの実現に向けて”, IEEE主催2014年度第1回学生研究発表会,IEEE_IM-S14-06, 2 pages, 2014.11
  95. 石本一貴,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“足裏圧力センサとZMPを用いた二足ロボットの姿勢安定化”, 第23回電子情報通信学会九州支部学生会講演会講演論文集, CD-ROM, 1 page, 2015.09(発表予定)
  96. 笹山友裕,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“ROSとHummingBoardを用いた分散型3次元物体形状計測システムの開発”, 第23回電子情報通信学会九州支部学生会講演会講演論文集, CD-ROM, 1 page, 2015.09(発表予定)
  97. 城戸豊明,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“3次元点群データを用いた物体把持システムにおける把持対象抽出計算の高速化”, 平成27年度電気関係学会九州支部連合大会(第68回連合大会)講演論文集, CD-ROM, 1 page, 2015.09(発表予定)
  98. 中島麻貴,伊藤秀昭,福本尚生,和久屋 寛,古川達也:“ROSを用いたHummingBoardによるサーボモーターの制御”, 平成27年度電気関係学会九州支部連合大会(第68回連合大会)講演論文集, CD-ROM, 1 page, 2015.09(発表予定)
  99. ----------

  100. 山口暢彦:“潜在変数に依存した長さスケールと分散を用いたGTM”, 第29回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.905-910, 2013.09
  101. ----------

  102. H. Koga : “Lengthened vowels or germinates as a compensation”, 福岡言語学会例会, 2014.12
Page Top