佐賀大学 人工頭脳医科学シナジー研究所

  • Japanese
  • English

プロジェクト概要

人工頭脳医科学シナジー研究所

●第2期:平成27年10月1日~平成30年9月30日

研究所名称 佐賀大学人工頭脳医科学シナジー研究所
所長 大学院工学系研究科 和久屋 寛
研究員

熊本 栄一、嬉 正勝、藤田 亜美、堂薗 浩、山口 暢彦、伊藤 秀昭、古賀 弘毅、中島 範子、八坂 敏一

研究テーマ 医文理融合のシナジー効果に基づく人工頭脳医科学の研究推進とその利活用へ向けて
研究概要

21世紀は「脳の世紀」とも言われ、現在、国内外で盛んに研究が進められている。 また、近年は複数の技術的なブレークスルーが報告され、「第3次人工知能ブーム」が到来したとの報道を目にすることも多くなった。

佐賀大学においても、11年前の国立大学法人化の際、平成16年度学長経費(学内COE)へ 採択されたことを契機として、これに関わる学部横断型研究グループを立ち上げた。理学、工学、医学、生理学、心理学、言語学などを専門分野とする教員有志が中心となり、各部局に分散している学内研究者が集まって、 医文理融合型の研究体制を構築した。そして、3年前の前回申請時には、この研究体制を再構築したうえで、シナジー効果(相乗効果)に基づく所属部局の枠組みを越えた「人工頭脳医科学」に関する研究推進を目指した。 残念ながら、これまで目立った研究成果には結び付いていないが、このたびの連携や協調に関する試みは、ようやく実現へ向けて一歩を踏み出したところである。そこで、この第2期(平成27年10月~平成30年9月)においては、 更なる研究推進とその利活用へ向けて取り組む。

本プロジェクトへ参画する専任教員は、第1期(平成24年10月~平成27年9月)と同様に、個人研究に重心を置きながら、そこで得られた研究成果を各自が研究集会 (人工頭脳医科学研究会)へ持ち寄り、異分野間の情報交換に努める。また、個別にチームを組んで、所属部局の枠組みを越えた連携や協調に基づくシナジー効果の創出に取り組む。そして、更なるレベルアップを図る。 具体的には、1)医・文・理の間でパートナーを作り、2)個別に研究打合せを繰り返し、3)研究成果の発表を目指す。また、個々のチームを拡張していき、最終的には全体として連携ができる体制を確立する。

おもな活動は、毎月2回ほど開催する上述の研究集会である。これはお互いが情報交換を行う場であり、脳、生体、人工知能、ロボット、福祉などを専門とする研究者が、各自の研究成果を持ち寄って様々な観点からの議論を行う。 質問は随時受け付け、あまり格式張らずに内容重視の会合とする。また、学生や一般へも開放する。この研究集会は、学内COEの採択に伴って平成16年10月に第1回を開催し、平成27年7月末までに128回の開催実績がある。 これまでに培った様々な資産を継承しつつ、お互いの連携を深めるための場と位置付ける。

これ以外の活動としては、引き続き、各教員が誘致している学会や研究会との提携・協力を積極的に検討する。学術的な交流の輪を 学外へと押し広げることで、学内では触れることのなかった舞台へ踏み出し、ここでもシナジー効果による更なる飛躍を図る。

●第1期:平成24年10月1日~平成27年9月30日

研究所名称 佐賀大学人工頭脳医科学シナジー研究所
所長 工学系研究科 和久屋 寛
研究員

池田行伸、熊本栄一、嬉 正勝、藤田亜美、堂園 浩、古賀弘毅、中島範子、伊藤秀昭、八坂敏一、山口暢彦

研究テーマ 医文理融合のシナジー効果に基づく人工頭脳医科学研究の推進
研究概要

21世紀は「脳の世紀」とも言われ、現在、国内外で盛んに研究が行われている。この分野は、理学、工学、医学、生理学、心理学、言語学などから成る学際的な領域という特徴を有するものの、その学際性ゆえに、この研究分野に携わる者は各部局に分散しているのが実情である。そこで、医文理融合型の研究体制を構築し、そのシナジー効果(相乗効果)によって、所属部局の枠組みを越えた「人工頭脳医科学」に関する研究を推進する。

本プロジェクトへ参画する専任教員は、それぞれの研究分野で活動してきた実績がある。そこで、 個人研究をベースにしつつ、そこで得られた研究成果を各自が持ち寄り、異分野間の情報交換を行うことでシナジー効果を創出し、更なるレベルアップを図る。具体的には、1)生体脳が有する不思議な機能を探求し、2)その仕組みを理解したうえで、3)人間のように知的なシステムへと発展させる。このように、まずは『探求・理解・発展』の3ステップが連携できる研究体制を確立する。

なお、日本国内で脳研究に取り組んでいる組織としては、理化学研究所脳科学総合研究センター[理研BSI]、九州工業大学大学院生命体工学研究科(独立研究科)、沖縄科学技術大学院大学[OIST](大学院大学)などが有名である。本プロジェクトの特徴は、規模こそ小さいものの、医系、理工系の研究者だけでなく、総合大学の特色を活かして文系の研究者とも協同している点である。

Page Top